サイトロゴ
サイトロゴ

ロイヤルハニーオフィシャル 

ロイヤルハニーに含まれる蜂の子について

蜂の子

日本では、昆虫食文化として蜂の子が現代でも食されています。

蜂の子とは蜂の幼虫やサナギのことを指し、食品としてだけでなく、
古くから高貴薬として、精力増強の秘薬として使用されてきました。

蜂の子は、蛋白質、脂肪、炭水化物に富み、ビタミン、ミネラル、脂肪酸、
および必須アミノ酸(人の体内で合成できないため栄養分として摂取が必要)を含みます。

そして、蜂の子には、精力増強作用、老化防止などの美容作用、体力増強作用、
免疫力向上作用・風邪予防、耳鳴りや難聴の改善、薄毛予防、生活習慣病予防などの作用
があると言われています。

そんな蜂の子がロイヤルハニーにも有効成分として含まれております。

蜂の子とは?

蜂の子とは蜂の幼虫やサナギのことです。
ミツバチ、スズメバチ、クロスズメバチ、アシナガバチ、クマバチの子を含みます。

蜂の子の栄養素としては、蛋白質、脂肪、炭水化物に富み、ビタミン、ミネラル、脂肪酸、
および必須アミノ酸(人の体内で合成できないため栄養分として摂取が必要)を含みます。

様々な栄養素を豊富に含む食品として、長い間世界中で愛された歴史があり、
男性のシンボルに活力を与えるなど、さまざまな可能性を秘めた食品です。 

蜂の子の歴史

蜂の子は古くから高貴薬として、精力増強の秘薬として使用されてきました。

約2000年前の中国最古の薬物学書といわれる『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』によると、蜂の子は「上品(じょうほん)」と認められ、生命を養うもので、体を軽くし、元気を増し、不老長寿の作用があると記載されています。

また、中国の明時代の本草書『本草綱目(ほんぞうこうもく)』によると、心腹痛、黄疸、皮膚の感染症、風疹、便秘、梅毒、婦人科疾患などにも効果的です。

そして、日本国外のルーマニアでは、蜂の子はアピセラピー(ミツバチ産品を用いた治療)に利用されています。

このように、蜂の子は、さまざまな可能性を秘めた薬として世界各地で使われてきたのです。

ロイヤルハニーに含まれる
蜂の子の作用

蜂の子には多くの栄養素が含まれており、様々な作用があると言われております。
蜂の子を摂取することにより、以下の効果が期待できます。

精力増強作用​

精力増強作用

蜂の子には、アルギニンというアミノ酸が含まれており、このアルギニンは、一酸化炭素を生成します。

一酸化炭素作用の一つは、血管を広げ血液を通りやすくすることです。

この作用により、勃起時の血流が増加して、勃起力が増す効果が期待できます。

そして、この効果を裏付ける研究があります。

機能性勃起不全患者を対象に、アルギニンの高用量(1日に5g)を投与したところ、性機能が自覚的に改善したという報告があります。

蜂の子にはアルギニンが、100g当たり0.4g含まれており、ED改善に効果が期待できます。

同様にロイヤルハニーにも蜂の子は含まておりますので、他成分とあいまり勃起力アップやED改善に効果が期待できます。

老化防止などの美容作用​

老化防止などの美容作用

中国の「神農本草経」によると、蜂の子は生命を養い、年齢を重ねても老衰しなくなり、不老長寿の作用があるようです。

長期間の服用により皮膚に光沢が出て顔色が良くなると記されています。

蜂の子に含まれているアルギニンは、代謝産物の一酸化炭素を介して、成長ホルモンの分泌を促進させます。

成長ホルモンは、筋肉や骨の成長を促すホルモンです。

また、蜂の子は高蛋白低脂肪食です。

蛋白質は筋肉、臓器、皮膚などの主成分であり、酵素やホルモンの材料にもなります。

アミノ酸やタンパク質の含有量が多いため、肌の弾力を改善し、ハリを出す効果が期待できます。

以上の効果から、蜂の子は老化防止などの美容作用に期待が持て、アンチエイジングのために多くの人が摂取しています。

体力増強作用​

体力増強作用

神農本草経によると、蜂の子は、生命を養い、体を軽くし、元気を増す作用をもつとされています。

事実、蜂の子には蛋白質が豊富に含まれております。

そして、蛋白質は筋肉、臓器などの主成分であるとともに、酵素やホルモンの材料でもあります。

高蛋白低脂質な蜂の子は、ダイエット中の方に栄養補給の代わりとして摂取されており、衰弱している人、内臓機能に障害を持つ人等は、蜂の子を摂取することで、より元気に、より健康になれる可能性があります。

免疫力向上作用・風邪予防

蜂の子には、蛋白質のみならずビタミンも豊富に含まれており、体の調子を整えるのに役立ちます。

そして、ビタミンは、蜂の子に含まれるアルギニンの代謝産物である一酸化炭素を介して、免疫力を向上させます。

また、蜂の子は強い抗菌作用をもっており、ウイルスや細菌に対する抗体の合成を助けると言われています。

それゆえ、風邪やインフルエンザの予防に効果が期待できます。

耳鳴りや難聴の改善​

耳鳴りや難聴の改善

蜂の子が持つさまざまな栄養素により耳鳴りや難聴を改善する効果が期待できます。

そして、これを裏付ける岐阜大学医学部附属病院の青木光広臨床准教授のグループが行った研究結果があります。

「蜂の子成分によるメニエール病に対する治療効果の臨床的検証」というものです。

この研究結果では、下記のような報告がされています。

酵素分解蜂の子”を長期間摂取することによって、「耳鳴りによる憂鬱感が軽くなる」、「より聴こえやすい方の耳(良聴耳)で、2キロヘルツおよび4キロヘルツにおける聴力の回復がみられた」

この研究結果から分かるように、蜂の子を摂取することにより耳鳴りや難聴改善に効果が期待できます。

薄毛予防​

薄毛予防

髪の主成分は蛋白質の一種であるケラチンです。

そして、体が摂取した蛋白質をケラチンにする成分が亜鉛となります。

その為、蛋白質が減少すると、髪の再生成長がうまくいかなくなり、抜け毛を起こします。

しかし、蛋白質と亜鉛を豊富に含む蜂の子を摂取することで、薄毛予防に効果が期待できます。

また、蜂の子には、チロシンと言われるアミノ酸が含まれております。

髪の毛を黒色にするメラニン色素の元がこのチロシンとなり、蜂の子は、白髪予防にも効果が期待できます。

生活習慣病予防​

生活習慣病予防

蜂の子に含まれるアルギニンの代謝産物である一酸化炭素を介して、脂肪代謝が促進されます。

その結果として、血液中の脂肪分が減り、メタボリックシンドローム、高血圧といった生活習慣病の予防、さらには動脈硬化の改善にも効果が期待できます。

さらに、蜂の子には、代謝を上げるのに役立つビタミンB群やマグネシウム、タウリン等が含まれており、これらの成分は代謝アップにも効果が期待できます。

また、蜂の子には、脂肪酸が含まれております。

この脂肪酸が、体内の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすのに役立ちます。

このように、蜂の子を摂取することにより、代謝アップ、コレステロールバランスの改善の効果が期待でき、結果として、生活習慣病予防にも効果が期待できます。

蜂の子

蜂の子のその他の作用

蜂の子は、上述した効果以外にも様々な作用があると言われています。

例えば、便秘の改善、自律神経を調節、めまいの改善効果等です。

このように、蜂の子は、いろいろな改善効果をもつとされており、古来から多くの人に健康補助食品として用いられてきました。

ロイヤルハニーに含まれる
蜂の子以外の成分について

7つの有効成分

蜂の子を含むロイヤルハニーは、滋養強壮、活力アップを目指すサプリメントとして、世界中の多くの人に愛用されており、日本国内においても大変人気が高いです。

そんなロイヤルハニーには、蜂の子以外にも、希少価値の高い有効成分が含まれております。

蜂蜜、トンカットアリやカチプファティマ、高麗人参、ビーポーレン、ローヤルゼリーが配合されており、性の悩みの解決に役立ちます。

蜂の子以外の有効成分についてご興味ある方は以下のページをご参照ください。